観光情報
  • 食べる
  • 泊まる
  • 遊ぶ
  • 買う
みどころ情報
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
特集
美並観光協会へのお問い合わせ
〒501-4192
岐阜県郡上市美並町白山
725番地の3
TEL : 0575-79-3111
FAX : 0575-79-2986
e-mail :
mi.shinkou@city.gujo.gifu.jp

HOME > みどころ情報 > > 晩夏から初秋にかけて「落ち鮎」を味わう(8月上旬~10月下旬)

みどころ情報

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

晩夏から初秋にかけて「落ち鮎」を味わう(8月上旬~10月下旬)

美並やな.jpg

 お盆を過ぎたあたりから、長良川ではヤナを使った「落ち鮎」漁が行われ始めます。

 観光ヤナ場では、ヤナ漁でとれた天然の鮎を楽しめるだけではなく、自ら手づかみでアユをとる体験もでき、お子様連れの遊びとしても大人気です。


 鮎は産卵の時期になると、海に下る習性があるため、8月の下旬ごろになってくると、大雨等で水かさが上がるころを見計らって、一斉に海へ向かって泳ぎ出します。

 ヤナ漁はそれを利用して、川に木や竹で、すのこ状の構造物を作り画像 004.jpg

打ち上げられた鮎を捕まえます。

 打ち上げられる鮎は、多い時は一晩で2万匹にものぼり、みるみる内にヤナに打ち上げられていきます。

 よく上がる時間帯は、大雨の降った後の早朝などであり、なかなかタイミングよくその場を目撃することはできませんが、チャンスがあれば一度体験していただければと思います。

 魚とりを楽しんだ後は、鮎の味に舌鼓をうつ番です。あゆ料理.jpg

 美並の観光やなをはじめとした鮎料理屋では、塩焼きや甘露煮、刺身などの鮎づくしコースを楽しむことができます。

 美並の鮎は全国の鮎の品評会において、2年連続のグランプリを受賞し、川魚で初めて地域ブランドの認定を受けた『郡上鮎』です。一度お試しいただければ納得の味わいです。

 

 

一覧へ戻る